広がる広告ネットワーク!マイクロソフト広告の魅力とは?

これまで日本におけるリスティング広告といえば、GoogleとYahoo!の検索結果に出せる広告というイメージでしたが、「Microsoft広告(マイクロソフト広告)」はご存知でしょうか?
今回はマイクロソフト広告について紹介していきたいと思います。

マイクロソフト広告の概要

マイクロソフト広告とは?

マイクロソフト広告は、Microsoft社が提供する広告プラットフォームです。マイクロソフト広告は、検索連動型広告とディスプレイ広告を配信できる運用型の広告媒体で、検索広告は Microsoft Bing の広告枠、ディスプレイ広告は Microsoft Edge、Outlookなどの広告枠に配信できます。日本では2022年5月31日から「Microsoft広告」のサービス提供を開始しました。
参考:Microsoft Advertising 日本での展開について


マイクロソフト広告の広告ネットワークの特徴
  1. 一般的な機能の備わった運用型広告
    マイクロソフト広告には、地域設定、デバイス設定、スケジュール設定、自動入札など、Google広告やYahoo!広告とほぼ同じ機能が備わっています。そのため、これらの広告媒体とほぼ同じ設定で広告を配信することが可能です。
  2. 競争率の低さ
    Google広告やYahoo!広告と比較して、マイクロソフト広告の出稿アカウント数が少ないため、競争率が低くなる傾向があります。これはクリック単価を抑えることや、低いCPA(コストパーアクション)でのコンバージョン獲得がしやすいという利点につながります。
  3. インポート機能の利便性
    マイクロソフト広告では、Google広告やFacebook広告からキャンペーンをインポートすることができます。これにより、既存のキャンペーンをマイクロソフト広告に移行する際に、少ない工数で始めることができます。

マイクロソフト広告の魅力

マイクロソフト広告には、以下のような魅力があります。

BtoBにアプローチしやすいターゲティング

Microsoft 広告の特徴的なターゲティング方法は、「企業・業界・職種」によるターゲティングです。
マイクロソフト社傘下のサービス・LinkedIn というSNSのプロフィール情報に連携されており、
登録されているプロフィールの情報を基にユーザーをターゲティングすることもできます。

LinkedIn(リンクトイン)は2003年にリリースされたアメリカ発のビジネスSNSです。
仕事をする上で、LinkedInは名刺代わりに使われています。
そのため、プロフィールに学歴・職歴を設定するユーザーが多いのが特徴です。

特定の企業や業界に勤務しているユーザーに対して広告を配信できます。
これにより、BtoB商材をターゲットにした広告キャンペーンを効果的に展開することができます。

参考:顧客のターゲティング方法

Bing内のショッピング広告枠

Bing内のショッピング広告枠への配信は現在、マイクロソフト広告からのみ可能です。
Bingの検索連動型広告枠はYahoo!広告から配信可能なため、すでに利用している広告主は多いですが、
ショッピング広告枠を積極的に活用しているケースはまだ少ないです。
そのため、ショッピング広告枠を活用することで、パフォーマンスを伸ばすチャンスがあります。

EC事業を拡大したい広告主にとっては、マイクロソフト広告の活用を検討し、
Bingショッピング広告枠を利用してEC事業の成長を促進していくことは、有益な戦略となるでしょう。

マイクロソフト広告の活用法と注意点

マイクロソフト広告の効果を高めるポイントと注意点についてみていきましょう。

広告表示オプションを活用

広告表示オプションは、広告に電話番号やWebサイトへのリンクなどを追加することができる機能です。このオプションは、広告を見やすくし、ユーザーのクリック率を向上させることが期待できます。このオプション機能は追加料金がかからず、無料で利用することができます

以下、広告表示オプションの種類です。

  • アプリリンク表示オプション
    アプリの宣伝に特化したオプションで、アプリ ストアのアセットを使って直接アプリを宣伝できます。
  • サイトリンク表示オプション
    広告主のウェブサイトの特定のページにユーザーを誘導するためのリンクを広告に追加できます。
  • 画像表示オプション
    広告に画像を配置し、他の広告との差別化やユーザーの関心を引くことができます。
  • レビュー表示オプション
    信頼性のある第三者からのレビューを広告に表示し、オーディエンスに共有することができます。
  • コールアウト表示オプション
    特徴的なセールスポイントを広告のコピーに追加することができます。
  • 構造化スニペット表示オプション
    製品やサービスの特定の側面についての追加情報を提供することができます。
  • 価格表示オプション
    製品やサービスの価格一覧を広告に表示することができます。
  • プロモーション表示オプション
    プロモーションコードやオファー、有効期限のカウントダウンなど、特別オファーを広告に表示することができます。


    ※各オプションの利用には一定の制約やポリシーがありますので、Microsoft 広告のポリシーガイドラインをご確認ください。 参考:広告表示オプションに関するポリシー

検索広告はオーディエンス広告としても配信される

マイクロソフト広告の検索連動型広告では、検索広告やショッピング広告などの配信がオーディエンスネットワークにも行われます。オーディエンスネットワークへの配信は、関連性や成果が見込める場合に自動的に行われます。
オーディエンスネットワークへの配信可否は選択できない仕様となっています。


注意が必要なインポート機能について

Microsoft広告では、Google広告やMeta広告(Facebook広告)など他の広告配信サービスで設定したキャンペーンを簡単にインポートすることができます。このインポート機能を活用することで、手軽にマイクロソフト広告を始めることができます。
ただし、インポート機能には注意が必要です。正確な設定を行わないままインポートしてしまうと、誤った広告設定が行われる可能性があります。インポート機能を利用する際には、詳細な仕様を理解し、慎重に設定することが重要です。

まとめ

今回はマイクロソフト広告について紹介しました。
マイクロソフト広告は、広範な広告ネットワークと多様なターゲティングオプションを提供する広告配信プラットフォームです。地域マーケティングやBtoBターゲティングにおいて優れた精度と効果を発揮し、インポート機能などの便利な機能を活用することで効率的な広告運用が可能となります。
今回もお読み頂きありがとうございました!

弊社ではWebマーケティングを中心に、様々なアプローチでお客様の悩み解消に取り組んでいきます。
興味を持たれたお客様は気軽にお問い合わせからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です