【必読】インスタグラムのTwitter対抗アプリ「Threads」、日本でもダウンロード開始

7月6日午前、ついに米Metaの新アプリ「Threads」が日本でもダウンロードできるようになりました。
筆者の曽根田も同アプリをインストールし、「Threads」について調べに調べました。
特徴、概要や、インストール方法、特徴、ビジネスへの活用方法等々、
今後の利用方法等考えてみたい
と思います。

「Threads」-GooglePlay-

目次

  • Threadsの読み方
  • Threads(スレッズ)とは?
  • Threads(スレッズ)の特徴と詳細
  • Threads(スレッズ)の公開日
  • Threads(スレッズ)の始め方
    • 1. アプリのインストール方法
    • 2. ログイン方法
  • Threads(スレッズ)の利用料金は無料なのか?
  • Threads(スレッズ)のビジネスの利用方法
  • 必見 Threads(スレッズ)を始めるための初期設定
  • Threadsでできる事、できないこと
  • まとめ

Threadsの読み方

『Threads』の読み方は “スレッズ” です。もともとの意味は糸やヒモを表す英単語 therad(スレッド)の複数形です。

ただインターネットの世界では実はよく聞く英単語なんです。

皆さん’’スレ’’って聞いたことありませんか? 主にインターネット上の電子掲示板において使われている用語です。この''スレ''こそが「スレッド」(thread)の略として用いられる言い方でありネットスラングです。

つまり“therads(スレッズ)” は、インターネット上の掲示板やSNSにおいての”会話の糸、流れ・繋がり” を表す言葉でネーミングには、会話を行うツールであるという意味が込められていそうです。

Theads語源-Weblio-

Threads(スレッズ)とは?

『Threads(スレッズ)』は、Instagram や フェイスブック を運営するMeta社(メタ社)が新たにリリースする “SNSアプリ” です。

「Threadsは、あなたが今気になっているトピックから明日のトレンドまで、あらゆることを話し合うコミュニティが集まる場所です。あなたの興味が何であれ、お気に入りのクリエイターや同じものを愛する人たちをフォローして直接つながったり、自分の忠実なフォロワーを作ってアイデアや意見、創造性を世界と共有したりすることができます」

このアプリは2023年1月から開発が進められていたそうでで、将来的にはインスタグラムと統合されると見られています。ThreadsはGoogle PlayストアとアップルのApp Storeで現在インストール可能です。

Twitterの競合になる “文字ベースの会話アプリ” と紹介されていて、リリースに伴い、Meta社のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)と、Twitterを所有するイーロン・マスク氏の対立がより激化していると話題になりました。

Threads 公式 App Store

現在アップルストアDLランキングで1位を獲得しています!

‎App StoreのトップiPhoneソーシャルネットワーキングアプリ - Apple(JP)

‎iPhoneのApp Storeで、whoo - ふーやControl Panel for Twitterなど、トップのソーシャルネットワーキングアプリをチェックしよう。

Threads(スレッズ)の特徴

『Threads(スレッズ)』は、名称内に ” an Instagram app” とあるように、”インスタグラムを活用したコミュニケーションツール” です。

『Threads』を使うには、『Instagram』のアカウントが必要になるので、アカウントを作っていない方は、作ってから始めましょう。

インスタ内には、これまでもDMなどのメッセージ機能がありましたが、Threads(スレッズ)の場合、

① “テキスト” に特化している点と、

② “親しい友人” とのコミュニケーションだけに特化している点が特徴的です。

Threads(スレッズ)を使うためには、すでにインスタ内で使われている機能でもある “親しい友人リストの作成” が必要で、親しい友人リストを適宜編集しながら、コミュニケーションを取る人を自分で選びつつ使うことができます。

FacebookとInstagramについてはこちら

Threads(スレッズ)のリリース日

インスタ・Facebookを運営するMeta社の発表では、本日、2023年7月6日に『Threads(スレッズ)』テキストベースで会話ができるアプリをリリースすると発表しています。
『Threads(スレッズ)』は、「Twitterに変わるSNSになるのではないか?」と評判で、Twitterでトレンド1位になるなど、リリース前から注目を集めています。

※ 2023年7月5日23時、App Store で iPhone用のアプリダウンロードが開始されていましたが、アプリは立ち上がるものの、ログインするために必要な「インスタアカウントとの連携」をしようとすると、「許可がありません(利用要件を満たしていません)」という通知が出て、それ以上先には進めなくなっていましたが、7月6日時点で、既に利用できるものになっています。インフルエンサーのアカウント等、一部例外はあるかもしれません.

Threadsの利用規約

Threadsのプライバシーポリシー

Threads(スレッズ)の始め方

①インストール

『Threads(スレッズ)』は、App Store、もしくは、GooglePlayストアからアプリをインストールして、利用を始めることが可能です。

iPhoneの人は、下記、App Storeのページからインストールできます。
Androidの人は、下記、Google Storeのページからインストールできます。

②ログイン

『Threads(スレッズ)』をインストールしたら、”インスタのアカウントへログインが必要” になります。
すでに、インスタアプリをインストールしていて、ログイン済みの場合は、ログインしているアカウントがリストで表示されるので、”Threadsを使いたいアカウントを選択し、”タップ”すれば、ログインが完了できます。気になる『Threads(スレッズ)』の日本語対応の有無ですが、”英語や日本語など約30の言語で使えるようにする” と発表されており、日本語でも使える点は魅力的です。日本でもTwitterに変わるSNSとして、利用が増えるのではと注目されています。

Threads(スレッズ)は無料?

『Threads(スレッズ)』の利用料金は、 “無料” です。
Twitter Blue など、Twitterの各種サービスの有料化が話題になる中で、”無料” で使えるのはさすが、Metaといったところです。

Threads(スレッズ)をビジネスに使うには?

『Threads(スレッズ)』はInstagramとリンクしているので、現状ビジネスに利用しずらい印象があります。
一方で今までInstagramやFacebookが弱みとしていた拡散力を補うことができます。
Instagramに写真+説明文+ハッシュタグを投稿すれば、facebookやThreadsにも一挙に投稿できるようになるのは近いので、
企業や個人の負担も軽減でき、リーチを延ばすことができそうです。

Twitterの強みである即効性、拡散力、フォローされやすい、匿名性がある。
このあたりの機能を有すことになりますので
うまく使いこなすことができれば今後の拡大が大いに期待できると思います。

SNS1

Threads(スレッズ)必要な初期設定

まず初期設定に関して、大前提ですが、情報発信を積極的に行いフォロワーを獲得していきたい、個人や事業主様のために記載いたします。

ほっそり友人との交流を高めたい方は参考になりませんので申し訳ございません。

①プロフィール写真(写真か自身のイラスト)を設定する。

②プロフィール文で自分が何を得意としどのような情報を発信するものなのかを明記する

③まず1投稿 あいさつ文を投稿してみる。

④公開設定をあやまって非公開にしない

ぜひ、曽根田のアカウントでも今後、Threadsのお役立ち情報を更新してまいりますので、フォローお願いいたします。

Hikaru Shizuoka Digital Marketing Start-up (@hikaru_daneso) on Threads

(株)Shinker代表取締役 静岡で2番目に勢いあるスタ&#x3…

Threads(スレッズ)できることできないこと

利用してみて分かったことを記載していきます。

ーーーーーできるーーーーーー

・アイコン変更はできる
・メンションも可能
・再投稿(リツイート)が可能
・引用も可能
・文字制限500文字程度まで
・写真は10枚程度まで
・動画は5分程度まで
・インスタのストーリーにシェアできる
・インスタの投稿のシェア
・リンクの設置も可能

ーーーーーできないーーーーーー
・アカウントの名前の変更(自動でInstagramの名前)
・ハッシュタグはつけても機能しない。
・DM機能無
・保存機能無
・インサイト見れない

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近、Twitterの改変が非常に多く、 “ログイン” しないと投稿が見れない。 “1日の閲覧数を制限” があるなど、ユーザーの不満が高まる中
インスタに流れる人も多くいたので、Threads(スレッズ)がユーザー数を伸ばすには、ベストなタイミングでのリリースだと思います。
いろんなSNSが登場する中で、Meta社から提供される新SNSアプリ『Threads(スレッズ)』が、どれくらい利用者数を伸ばすのか、今後の動向に目が離せません。ちなみに、2022年のアプリのDLランキングは下記です。ここにどう食い込んでくるか楽しみです。

引用元:世界のアプリダウンロード数

弊社ではWebマーケティングを中心に、様々なアプローチでお客様の悩み解消に取り組んでいきます。
興味を持たれたお客様は気軽にお問い合わせからご連絡ください。

ぜひ、随時追加情報をチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です